国際交流ひろばで演奏

昨日は、「国際交流ひろば」という国際的なイベントで演奏させて頂きました。

 

茨城県小美玉市とアメリカのカンザス州アビリン市は姉妹都市30周年だそうです。

 

外国人へ日本語を教えるボランティアの幾つかの団体と小美玉市の共同主催で毎年行われているそうです。素晴らしい活動です。

 

今回、このボランティアで日本語を教えていらっしゃる郡司眞知子先生がご縁を繋いでくださり、初めて演奏させて頂きました。

 

ペルーから来た女の子Mちゃんと一緒に、コンドルは飛んで行くをスペイン語の歌とアルパで演奏いたしました。

Mちゃんは、日本の中学校に通っている中1の女の子です。笑顔が可愛らしくて、とても素直。

 

とても上手で丁寧な日本語で「もし途中で歌えなかったらすみません。その時はアルパだけ弾いてください」とドキドキしていたようです。

 

「間違えてもいいよ。笑顔で一緒にやろうね!ANIMO!(がんばれ)」とステージの袖でお話してスタートしました。


最初にMちゃんに教えてもらったスペイン語でご挨拶しました(*^▽^*)

Mちゃんはペルーの民族衣装を着て、私はパラグアイの民族衣装で♪


Mちゃんの歌声は、透明感があってとても綺麗でした。スペイン語でのコンドルは飛んで行くは、本場の雰囲気が出ますね。

 

アルパを聴くのは初めてという方もたくさんいらっしゃって、演奏後も皆様に声をかけて頂きました。どうもありがとうございました。


各国のお料理もたくさんありました。ロシアのスウィーツ、ブラジルのチキンとクリームチーズのフライなどとてもおいしかったです♪

他にも韓国、タイ、ベトナム、USA、中国・・・この会場は国境がありません♡

 

みなさま気さくで明るくて、このイベントを楽しんでいらっしゃいました。

 

私もパラグアイの民族衣装のままでしたので、みんなと写真を撮ったり、またコンサートを聴きたいと言ってくださったり、とても楽しませていただきました!

 

最後にみんなで歌ったイッツ・ア・スモール・ワールド、その歌詞のように世界は一つ、そう思います。みなさま、ありがとうございました。Thank You.  Muchas gracias.  謝謝。多謝。Muito obrigado. Merci boaucoup. Danke sehon. Grazie mille.